全国探訪くるま旅

くるま旅で訪れました土地の感想や写真などを載せています

福島県浪江町

両親の実家があります福島県浪江町までお墓参りをしに行っ
てきました。


震災直後には行けませんでしたが、震災の2年後からは許可証
を申請すれば浪江町に入れましたので、それから毎年お盆の時
期にお墓参りしています(今は誰でも入れます)

子供のころに従弟たちと遊んだ請戸川。
カジカや鮎を捕まえたりしていた思い出の川でしたが、河原に
降りようにも草ボウボウで行けません。
人の手が入っていないので、川を見ていると大きな鯉が悠々と
泳いでいるのが見られました。

今ではすっかり元通りのお墓。
震災2年目のときはお墓が倒れたり割れたりして大変でしたし、
放射線量を測る測定器を持たされて、測りながら慌ただしくお
墓詣りしていました。

当時持たされた測定器。
ずっと警報音が鳴りっぱなしで煩かったです・・・

請戸川は鮭が遡上して来ていましたので、かつてはやな場も
あり賑わっておりました。

以前は海岸に面して村落があったのですが、すっかり津浪で

やられてしまいました。
曾祖母の家があって、そこから請戸の海に遊びに行っていたのが
偲ばれます。

数年前まではこのへんにも写真のように漁船が流されて放置さ
れていましたが今では片付けられています。
でもその他は以前のままですね。


復興に取り掛かっていますが、目に見えて復興しているような
所はまだほとんどありません。
親類も浪江町にはもう戻る気はないという人が大半ですので、
以前と同じような町に戻すのは難しいでしょう。


別の形でも良いので、再び人が行き交う町になるようになる事
を願っております。

奈良県唐招提寺

東大寺から車で少し行ったところにあります唐招提寺に来まし
た。

大門をくぐるとすぐに唐招提寺が見えてきます。

少しモダンな感じのするお寺のように見えますね。
境内をぐるっと見てまわっていると、教科書でお馴染みでした
鑑真和上の像と出逢えました(ここも撮影禁止)

瓊花というアジサイに似た美しい花がちょうど見頃でした。

菖蒲はまだ少し早いですね~とお坊さんが説明してくれました

少しだけ咲いている菖蒲ですが、お寺の中で咲いているとさら
に綺麗に見えますね。

苔も綺麗に生えていました。

唐招提寺は仏像も圧巻でしたし、雰囲気は落ち着いていながら
見応えのあるお寺ですね。


続いて歩いて薬師寺に向かいます。

薬師寺です。

隣の建造物は改装中でした。これからも末永く保つためには
改装が必要ですからこういうときはしょうがないと諦めます。

五重の塔。

立派だけど色がちょっとな・・・って思っちゃいます。

この薬師寺で伊勢神宮から始まりました古都とお寺を巡る旅は

終わりです。御覧いただきありがとうございました。

奈良県東大寺

東大寺南大門が見えてきました。
境内にも鹿がいますね。鹿は鹿苑だけに居るかと思っていまし
たが、この周辺ならどこにでも出没するんですね。

外国人観光客が多いです。

すごい迫力の金剛力士像、圧倒されます!

大仏殿が見えてきました。
大きな門を通って広い参道の先にこういうまた大きな建造物が
あると、アンコールワット遺跡が思い出されました。

国宝の燈篭らしいです。

奈良の大仏! 何故かここは写真撮影OK。

せっかく写真撮影OKなのでパシャパシャ撮らせていただき
ました。

柱に開いた穴をくぐると良いことがあるらしいです?

穴が小さいのでもっぱら子供達がくぐっておりました。

大仏殿を出てすぐにあります像。ちょっと怖いお顔・・・

釈迦の弟子の一人とか。

東大寺の入口付近では外国人観光客がキャーキャー言いながら

鹿と戯れておりました。


興福寺の阿修羅像を見に行きましたら、宝物展に入る人がまさか
の長蛇の列。見たかったですけど炎天下に並ぶのもしんどいの
で諦めました。