全国探訪くるま旅

くるま旅で訪れました土地の感想や写真などを載せています

福島県相馬市~会津若松を走る

浪江町から北上しまして宮城県との県境に近い相馬市にやって
きました。


写真はずっと細長い海岸線が続く大洲海岸です。

震災以来の海開きとなっています原釜尾浜海水浴場。
家族連れで賑やかでした。


海水浴場で写真を撮れば誤解を招く恐れがありますので、隣接
する岩場を写してみました。

早朝に相馬市のホテルをチェックアウトし、会津若松を目指し
ます。


いつのまにか相馬市から福島市の手前まで高速道路が建設中で、
一部通行出来る区間(無料)がありましたので、予定より早く
移動できました。


途中観光地があれば立ち寄って、休憩がてら写真を撮ってました

猪苗代湖です。
暑くもなく、風もありませんでしたので大変気持ち良かったです

向こうに見えるのは会津磐梯山。

この浜は湖水浴をする人達で賑わいつつあるところでした。

会津若松に来たのは鶴ヶ城を見るためです。

昔来たような記憶もありますが、もう一度じっくり見たくて再
訪しました。
藤色の瓦が綺麗な優美なお城ですね~。

名前は分かりませんがお花も少し咲いていました。

お濠も深そうですね。

鶴ヶ城のゆるキャラかな?

たっぷり鶴ヶ城を堪能しましたので、Uターンラッシュに巻き
込まれる前にこれにて帰ることにします。

福島県浪江町

両親の実家があります福島県浪江町までお墓参りをしに行っ
てきました。


震災直後には行けませんでしたが、震災の2年後からは許可証
を申請すれば浪江町に入れましたので、それから毎年お盆の時
期にお墓参りしています(今は誰でも入れます)

子供のころに従弟たちと遊んだ請戸川。
カジカや鮎を捕まえたりしていた思い出の川でしたが、河原に
降りようにも草ボウボウで行けません。
人の手が入っていないので、川を見ていると大きな鯉が悠々と
泳いでいるのが見られました。

今ではすっかり元通りのお墓。
震災2年目のときはお墓が倒れたり割れたりして大変でしたし、
放射線量を測る測定器を持たされて、測りながら慌ただしくお
墓詣りしていました。

当時持たされた測定器。
ずっと警報音が鳴りっぱなしで煩かったです・・・

請戸川は鮭が遡上して来ていましたので、かつてはやな場も
あり賑わっておりました。

以前は海岸に面して村落があったのですが、すっかり津浪で

やられてしまいました。
曾祖母の家があって、そこから請戸の海に遊びに行っていたのが
偲ばれます。

数年前まではこのへんにも写真のように漁船が流されて放置さ
れていましたが今では片付けられています。
でもその他は以前のままですね。


復興に取り掛かっていますが、目に見えて復興しているような
所はまだほとんどありません。
親類も浪江町にはもう戻る気はないという人が大半ですので、
以前と同じような町に戻すのは難しいでしょう。


別の形でも良いので、再び人が行き交う町になるようになる事
を願っております。

奈良県唐招提寺

東大寺から車で少し行ったところにあります唐招提寺に来まし
た。

大門をくぐるとすぐに唐招提寺が見えてきます。

少しモダンな感じのするお寺のように見えますね。
境内をぐるっと見てまわっていると、教科書でお馴染みでした
鑑真和上の像と出逢えました(ここも撮影禁止)

瓊花というアジサイに似た美しい花がちょうど見頃でした。

菖蒲はまだ少し早いですね~とお坊さんが説明してくれました

少しだけ咲いている菖蒲ですが、お寺の中で咲いているとさら
に綺麗に見えますね。

苔も綺麗に生えていました。

唐招提寺は仏像も圧巻でしたし、雰囲気は落ち着いていながら
見応えのあるお寺ですね。


続いて歩いて薬師寺に向かいます。

薬師寺です。

隣の建造物は改装中でした。これからも末永く保つためには
改装が必要ですからこういうときはしょうがないと諦めます。

五重の塔。

立派だけど色がちょっとな・・・って思っちゃいます。

この薬師寺で伊勢神宮から始まりました古都とお寺を巡る旅は

終わりです。御覧いただきありがとうございました。